約束のネバーランド15話感想【ネタバレあり】

 

スポンサーリンク

2016年11月14日に発売された週刊少年ジャンプ2016年50号に掲載された約束のネバーランド15話「二度としないで」の感想です。

今週は22作品中17番目に掲載されていました!これまでは真ん中~真ん中より上に掲載されていたので少し驚きました。このあたりの位置で落ち着いてしまったらちょっとまずいですね。でもまあ、こんなに後ろに掲載されたのは初めてですし、入稿が遅かっただけかもしれません。来週以降も掲載順にも注視していこうと思います。

感想

いや~今週も読みごたえがありましたね!今週の扉絵は見開きで、エマ含むたくさんのきょうだいが殺されている中、ひとり佇むノーマンの絵でした。

いつも通りテストを受けたエマ達ですが、点数が上がったギルダとドンをほめるママの顔がこわいですね。目が笑ってない。

これはママがドンとギルダも秘密を知ったことを予測した、あるいはレイから聞いたからこういう表情なのか、ママはいつも通り優しい笑顔なのに、秘密を知ったドンとギルダのママを見る目が変わったからこう見えてしまったのか、どちらでしょうねー。いずれにしてもこわい。

内通者がレイだったことをエマにどう伝えるか思案するノーマンですが、あっさり自白しちゃうレイwww

「ごめん……思わずツッコんじゃったけどちょっと理解が…」とエマが言っているコマ、混乱するエマも可愛いし、いたずらが成功した子供みたいな笑顔のレイも可愛いし、予想外の展開についていけず珍しく焦り気味のノーマンも可愛いですね。つまり全員可愛い。

レイがエマの前で「全員で逃げる」に協力すると嘘をついたこと、らしくないねとすぐ言うエマ。きょうだいであり家族ですからね。でもエマは人のこと疑うような性格ではないので、疑っているわけではなさそうです。

今回は珍しく(初めて?)エマが怒っていました。でもレイの気持ちも考えて我慢できるところ、素晴らしいですね。本当に優しい。

ノーマンが「レイはいつどうやって秘密を知ったの?」と今わたしが(読者が?)一番気になっていることを聞いてくれましたね!!

「ひょっとしてレイは……」の続きの言葉が気になります。でも結局答えは聞けずじまいでした。いつか明かされてほしい。

子供たちの知らない秘密の部屋があるんですね!!本部と通信するための部屋とかでしょうかね。秘密の部屋ということは。

毎晩8時前に消えるということはその時間帯に毎日本部と通信しているのでしょうけど、もし本当にそうだとしたら、その時間帯は完全にママの監視の目がなくなるわけですから、シスターさえどうにかすれば脱獄決行に最適なような気もします。

秘密の部屋に何があるのかも気になりますし、これは大きな収穫だと思います!来週も楽しみです!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA