ワールドトリガートリオン量ランキング

 

スポンサーリンク

BBFで、これまでワートリに登場したキャラのトリガーセットやパラメーターなど、さまざまな情報が公開されましたね!!

私も、各キャラのパラメーターを隊ごとに重ねて見比べてみて楽しんでいます!

トリオン量ランキング

今回は、パラメーターのトリオン量の部分に注目して、ポジションごとに並べてみました!

トリオン量ランキング

※クリックで拡大します!

最初はA級とB級、という区切りで並べようかと思いましたが、結果的にはポジションごとに並べてみてよかったなと思います!

ちなみにオールラウンダーは、攻撃手と銃手のどちらの武器をメインに使うか、銃が拳銃型か突撃銃型かなどで近距離万能手か中距離万能手かを判断してそれぞれのところに入れています。

荒船さんはBBFでは狙撃手となっていましたが、攻撃手でも8000ポイントありますし、迷った末に攻撃手と狙撃手の両方に載せておきました。

感想

戦闘員とオペレーターを比べると明らかにトリオン量が違いますね!! 一般人は大体トリオン量1~5くらいなんですかね。小夜ちゃんがトリオン量7もあるのにオペレーターなのがもったいないー!!7といえばサイドエフェクトがあってもおかしくない量なのに。

戦闘員の方は、明らかな差というのは見受けられないですね。やっぱりトリオン量が多かったら銃手・射手になるんだな~くらいですかね。

でもやっぱりA級・B級上位の二宮さん、出水、加古さん、ゾエさん、犬飼くんらへんのトリオン量は多いですね。トリオン量がそれより少ないと銃手一本でやるのは厳しいから万能手になるっていう感じですかね?

個人的に嵐山さんはトリオン量が多いイメージがなんとなくありましたが、銃手・射手というくくりでみると特別多いわけでもないみたいですね。というかゾエさんが意外に多い。

訓練によってトリオン量をどの程度増やすことができるのか分かりませんが、B級上位~中位あたりの来馬先輩・若村・諏訪さんあたりは攻撃手系の武器を入れてARを目指した方がよさそうな気がしますね。このグラフ、突出したトリオン量がないと銃手・射手一本ではやれないということを物語っているように感じます。

でも、旧ボーダー時代に入隊して研鑽を積んできている小南が6なので、そんなに増えないのかもしれませんね。小南の入隊時のトリオンが1とかだったら別ですが。

攻撃手は中距離の戦闘員と比べるとトリオンの消費が少なくてすむので、A級隊員の木虎と米屋でもトリオン量4だったりしますね。たぶんこの辺は他の記事でも触れたと思うのでまあいいや。

狙撃手も銃手や射手と比べるとトリオン消費が少ないので、多い隊員もいれば少ない隊員もいますね。

千佳のトリオン量、黒トリのミラよりも多いなんて本当に規格外ですね。さすが怪獣。

ボーダー隊員のトリオン量のボリュームゾーンは6~7ですから、それを考えるとガロプラのメンバーも比較的トリオン量が多めですね。精鋭だからでしょうね。

不明・その他の人について

迅(黒トリ)→扱いに困ったので。

木崎レイジ→オールラウンダーと同じく、どの武器をメインで使っているかで判断しようと思ったが、よくわからなかったので。今思ったけどきょうだいがいるわけでもないのになぜかフルネームで書いちゃった。木崎レイジ。

林藤匠→射程が6なのでおそらく銃手か射手…?BBFでは「?」となっていたので、それに則しました。

天羽月彦→BBFではオールラウンダーとなっていましたが、オールラウンダーという欄を作っていないので。ごめん。

寺島→射程が2なのと、弧月使いだったという記述がどこかにあったはずなので攻撃手ということで間違いないと思いますが、なぜか雷蔵のプロフィールページにポジションの記述がなかったので、まあいいや、ということで。

陽太郎→BBFで不明となっていたので。

まとめ

トリオン量の項目をシンプルにグラフ化しただけですが、個人的には楽しめました!他の項目についてもグラフ化するか検討中です!

この記事でアフトクラトルやガロプラもチャートを作る、と書いていて、一応できましたが、アフトクラトルのチャートとボーダーの隊ごとのチャートを並べると大人と子供以上のえげつない差になってしまったので…どうしよう??と若干困っています(笑)

メイン武器ごとにやっても面白いかも、とも書いているので、それについては近いうちに公開できるよう鋭意作成中です!

お読みいただきありがとうございました!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA