約束のネバーランド3話感想【ネタバレあり】

   2017/09/04

スポンサーリンク

約束のネバーランド3話「鉄の女」の感想です。

感想

仮説ではありますが、出荷の順番の法則、勉強させられている理由などが明らかになりましたね。そしてノーマン、エマの知らない間にさらりとハウスの中に盗聴器とかカメラが隠されていないかチェックしてしまうなんてさすがすぎる(笑)

発信器の機能についてもノーマンが推測していますね。発信器って現代の生活にあまり馴染みのあるものではないのでよく分かりませんが、確認して初めて位置を知るって、至って普通の発信器ですよね?つまりそんなに高性能のものではないんですかね。

ノーマンが男の子に呼ばれたので、コニーが描いた、壁に貼ってある絵を1人で眺めるエマ。の顔をのぞきこむママwwwww 背筋が凍るかと思いましたwwwwこわすぎる!!! 湧き上がるいろんな感情を必死におさえこんでいつも通り振る舞うエマ。よく頑張った。

エマに助け舟を出すかのようにレイが現れて、ほっとするエマでしたが、ママが核心をつく質問をしてきて再び焦ります。が、ノーマンがとっさに機転を利かせたおかげで乗り切れます。ママは「昨日」と聞いてカマをかけていますね。「昨日の夜」とは言っていないわけです。そこもノーマンが上手くかわしましたね。わたしは嘘がつけない性格なのですぐバレてしまいそうです。さすがノーマン!

そして、ママのカマによって2人は、発信器の信号は個人を特定できないこと、したがって門に行ったのがエマとノーマンであることはまだ分かっていないことを知ります。

発信器をどうするかという具体的な策はまだないものの、大体の機能について分かったことは大きな収穫ですね。

そして最後のページ。ママの首は普段隠れていて全く気づきませんでしたが、なんとママの首にも子供たちと同じように数字がありました!それに加えて「生き残るのは私よ…!」というセリフ。ママも命を保障されているわけではないのでしょうか?

何らかの条件が満たされなかった場合には殺されてしまうとか?1話でのコニー出荷時の表情から、無慈悲に子供たちを出荷し続けているだけだと思っていましたが、ママにはママの事情がありそうですね。

それにしても約束のネバーランド、まだ3話ですが、毎週気になる終わり方をしていて、魅せ方が上手いなあと感じます。まだ3話なのでアンケートの結果は反映されていないと思いますが、約束のネバーランドに票を入れている人は結構多いのではないでしょうか。

ジャンプの本来の読者層である男子中高生あたりがどう感じているかは分かりませんがw来週も楽しみです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA