ワールドトリガー140話「玉狛第2⑪」感想

 

スポンサーリンク

ワールドトリガー140話の感想です。今週の掲載順は真ん中あたりですね。最近安定して前の方~真ん中になってくれて嬉しいです。もうそろそろ3周年突破記念カラーが来る頃でしょうか?

感想

香取さん、本当に全然ログ見てなかったんですねwwログ見なくても、千佳は訓練で基地に穴を開けたりしていたので隊員同士の会話とかで出てきてもよさそうなものですが…もしかして香取さん、友達少ない?

アイビスをどかどか撃ちまくる千佳、楽しそうですねwwwなんだか久しぶりに見たような気がします。相変わらずすごい威力。

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社

時枝は千佳が人を撃てないことを知らないみたいですね。隊に狙撃手(佐鳥)がいるとはいえ、やはり身近に鳩原みたいな例がないと気づきにくいものなんでしょうか?

出水は二宮さんに聞いて知っていましたが、うっかり口を滑らせなくて本当によかったです。でももし、射線を通した後も千佳が徹底して鉛弾しか使わなかったら、さすがに誰もが疑問に思うはずなので、桜子に話を振られたときに言っちゃったら困りますね。でも隠すのも変な気がします。

狙撃手以外のキャラがバッグワーム着けているとものすごくかっこいいですね。特に修は汗をかいていないしもう別人のようです。

出穂ちゃん、ランク戦観戦してたんですね!ねこさんと一緒に。出穂ちゃんがうなずくのと一緒にねこさんもうなずいている描写がとてもかわいいです。にしても、ユズルとか当真さんとかと一緒に観戦すればよかったのに…と思いましたが、影浦隊はランク戦中、当真さんは屋上組なのでまだ待機してるでしょうね。残念。

華さんは的確に指示を送れる優秀なオペレーターですね。香取隊じゃなくて染井隊でいい気がします。今さら気づきましたが一重なんですね。

千佳が「左から香取隊 右から柿崎隊が来てる!」と言ったところ少し嬉しかったです。今までの試合、千佳は撃ったらすぐ位置がバレるので、ここぞという時しか撃っていませんでしたよね。いつも指示待ちでした。それが悪いこととはわたしは思いませんが、千佳からしたら、自分の目的のために2人とも協力してくれているのに、人も撃てない役立たず、と自分のことを思っていて引け目を感じていたところがあったと思います。でも、鉛弾のおかげでようやく役に立てた…!と喜んでいるように見えます。今までは指示待ちだけで、千佳から聞いた情報で修と遊真が動く、なんてことは一度もなかったので、その点でもすごくチームとしていい方向に向かっているなと感じました。

そして共闘する構えを見せる香取隊と柿崎隊を二手に分かれて相手することになった遊真と修。遊真相変わらずめちゃくちゃかっこいい!!バッグワームで2割増しくらいかっこよくなってます!

玉狛第2は、どちらが香取隊でどちらが柿崎隊か分かったうえで、修が香取隊、遊真が柿崎隊と戦うようにしたんですよね。137話、試合が始まる前の一コマ(画像参照)を見るとどうやらこの形を目指していたっぽいんですよね。香取隊柿崎隊が共闘することも読めていたっぽいです。修すごいですね。

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社

今週はついに修が1コマも汗をかいていませんでした。汗かいてないとほんとかっこいいですね。

スパイダーは一度に複数個出せるんですね。だからあんなにたくさん仕掛けられていたんですね。納得。すごく便利ですね。

修はこれまでの試合、遊真に頼りすぎていたので自分も点を取らねばという焦りから、本格的な射手の戦い方を教えろだの合成弾を教えろだの言ってきたわけですが、木虎に教えてもらったスパイダーのおかげで、今自分にできるのは点を取ることではなく味方の援護なのだと気づき、スパイダーを張り終えた今はもう落とされても構わないから気負うことなく戦えるなあという感じですかね。これまで修が敵部隊にしてきた嫌がらせは、修が落ちたらできなくなるものでしたしね。

一方の遊真は早速柿崎隊長の腕を一本持っていきましたね。柿崎さんがいきなり荒船さん口調になってて笑いましたwww遊真は1対3でも余裕そうな顔してますね。まあ黒トリガーとはいえA級部隊の攻撃を1対4でしのいでますし、ランク戦ROUND4のような乱戦でも生き残って1点取ったくらいですからまあ大丈夫でしょう。

今後玉狛はどう戦うつもりでしょうね。修と千佳で香取隊を足止めしている間に遊真に柿崎隊を落としてもらう算段ですかね。それか千佳が遊真の方を援護して柿崎隊を片付けることを優先ですかね。どちらも狙える位置にいるので、両方でしょうね。

柿崎隊は香取隊が千佳を落とすのを待つ構えですし元々慎重派の隊長なので引き気味に戦おうとするでしょうね。万能手万能手銃手の射程持ち3人に連携して引き気味に戦われたらいくら遊真+スパイダーの変態機動といっても瞬殺はできなさそうかなと思います。遊真が柿崎隊を落とすまで修持ちこたえられますかね…まあもう柿崎隊長の腕は持っていっているんですけどね。

修の方は、香取隊は(というか香取が)「ラッキー」とか言われているので完全になめられてますね。余裕で瞬殺できると判断したのか誰も千佳を取りに行きませんでしたね。ここで修が少しでも粘りを見せれば狙撃手持ち部隊の有利がもっと活きてくるのでぜひ頑張ってほしいです。スパイダーゾーンで戦って、誰かの体勢が崩れた隙に鉛弾を撃ち込むだけでも十分な戦果だと思うので頑張ってほしいです。

メタ的に考えると、遊真がここで落とされるのは考えにくいですから、柿崎隊はおそらく0点でしょうね…。誰か一人が千佳を狙いに行けば1点は獲れる可能性がありますが、獲りに行かないようですし。香取隊が修を落として1点ですかね。8対1対0で玉狛の勝ちになりそうです。

柿崎隊は本当にリスクを取らない戦い方ですよね。まさに慎重派。悪いとは言いませんがそのせいで取れる点を逃しているのでもったいないと思います。ベストな選択肢ではなくベターな選択肢を選んで生存率を優先するって感じですよね。生存率よりもどれだけ相手を落としたかが重要になるランク戦のシステムとは相性の悪い戦い方だと思います。

また、万能手3人(巴はまだ銃手ですが)なので、得意なマップも苦手なマップもなく、マップ選択権があったという有利もいかせませんでしたね。

まとめ

今週も面白かったです!!!玉狛が強すぎて打つ手なしと思っていましたが、共闘してきましたしね!それも修は読んでいたっぽいですが。

今週も誰も落ちなかったことに少し驚きましたがそろそろ誰か落ちるでしょうね。柿崎隊の誰かが。個人的には柿崎隊が0点で終わるのはちょっと残念なので健闘してほしいですが相手が相手なので、千佳を獲りに行かない限り0点になりそうです。

来週を楽しみに待ちたいと思います!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA