ワールドトリガー139話「玉狛第2⑩」感想

 

スポンサーリンク

ワールドトリガーフェスティバル2016に行ってきました!レポート現在鋭意執筆中です!

今週も掲載されていました!もうこれで約3ヵ月休載がないことになりますね。ありがたいです。掲載順位が少し下がっていたのが気になるのでアンケートちゃんと出そうと思います。

感想

修は今週も全然汗をかいていませんでした。というか、一コマもかいていませんでした。まあ登場したコマがそもそも少なかったですけど。汗かいていないとすごく強者感がありますね。

柿崎隊は巴が切り込み隊長なんですね。BBF情報では巴は銃手とありましたが、弧月も入れていますし、アステロイドもハウンドも拳銃型なので、弧月のポイントが6000いっていないだけで、もうほとんど万能手とみてよさそうですね。近距離万能手。

香取隊、いくら未知の攻撃を凌ぐ地力があるといっても、エースが単騎で突撃したりランク戦中に説教を始める隊員がいたりするのにどうして2期連続上位でいられたんだろうと少し思っていましたが、染井さんが的確に指示をしていたんですね。

若村は三浦のこと雄太呼びですね。高校生ぐらいの男女って仲良くなっても名前呼びすることはあまりないので、やっぱり幼馴染ですかね。香取さんが若村と三浦のことを何と呼ぶのか気になります。

柿崎隊も香取隊も玉狛を無視する方向にいきましたね。まあ照屋も言っていますがわざわざ罠に飛び込む必要ないですよね。飛び込んだら遊真に落とされそうですし。柿崎隊と香取隊が戦っていたら、1点でも多く欲しい玉狛は手を出してこざるをえない…と思いますよね。

2部隊とも修のスパイダーと千佳の鉛弾という新技に気を取られすぎましたね。玉狛はアイビスで地形をいつでも、いくらでも変えることができますからね…。

柿崎隊はまだしも、香取隊、結構詰んでいますね。逃げ場がないです。玉狛をほうっておくと修がスパイダーを張ったところ以外は更地にされそうな勢いですし、そうなると柿崎隊と開けた場所で撃ち合わないといけなくなりますよね。香取隊の方が格上とは言っても2対3なので撃ち合いになると柿崎隊に分があります。また、射線が通る状況で撃ち合っていると千佳が今度は鉛弾で攻撃をしてくることも考えなければいけません。

かといって建物と建物の間に逃げ込んでも、そこにはもう修がスパイダーを張っていそうです。スパイダーがある場所では遊真が変態的機動力で落としに来ますし修はアステロイドで援護、千佳も鉛弾で狙撃してくるでしょう。柿崎隊と戦うにしても玉狛と戦うにしても不利な条件での戦いになってしまうので…香取は無傷ですが三浦は片腕を失っていますし、厳しいですね。

「スコーピオンならまだしも重さのある弧月やレイガストはバランスが崩れてかなりきついはず」と時枝が言っていて、改めて、片腕失った状態であれだけ戦えた鋼さんはすごかったんだなあと思いました。さすがNO.4攻撃手。

千佳は、「射線が通らなければ作ればいいじゃない」みたいな感じですねww今回の2部隊には狙撃手がいないので千佳が好き放題やれていますね。

修のスパイダーと千佳の鉛弾、初お披露目で1人くらい落とせればよかったのに落とせなかったか…と思っていましたが状況的にはかなり玉狛に分があると見ていいですね。2部隊が玉狛を無視すればアイビスで地形を変え狙撃の射線を通せば鉛弾が撃てますし、射線の通らない建物間に逃げ込めばそこには修の罠が張り巡らされているということですね。

次週

千佳の砲撃を見た柿崎隊と香取隊はこの後どうするでしょうね。今回のマップは若干狭めのようなので、逃げ場ないですよね。為す術なしのように見えます。

今回は玉狛が勝ちそうですね。相手の部隊に狙撃手やグラスホッパー持ちで機動力高めの隊員がいなかったこと、転送位置がよく修と遊真が割とすぐに合流できたことなどが勝因でしょうか。次以降は対策も立てられそうですし、また狙撃手がいない部隊と当たるなんてことはなさそうなので次以降が問題ですね。今回勝てばおそらく上位入りするでしょうし、上位は簡単に勝てる相手ではありませんしね。

今週1人くらい落ちるかと思っていましたが全部隊合流を終えていますしそう簡単には落ちませんでしたね。来週にはさすがに誰か落ちそうです。

休載のお知らせは載っていなかったので、来週も載っているみたいですね!アニメが終わってしまい、楽しみが一つ減ってしまったのでなるべく休載はしないでいただきたいところです。でも無理はしないでほしいです。複雑。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA