ワールドトリガー138話「玉狛第2⑨」感想

 

スポンサーリンク

今週も掲載されていましたね…!最近は毎週掲載されているのでそれに慣れ切っていましたがよくよく考えると本当にありがたいことですよね。掲載順は真ん中あたりでしょうか。以前は下から3番目あたりが定位置でしたが、ここ2~3週間は真ん中より上にいる気がします。

掲載順が低いことに関しては公式からアナウンスがあったので気にしていませんでしたが、実際こうして上の方にいてくれると人気があるのだと実感できてやっぱり嬉しいですね。掲載順はジャンプにおける人気の象徴ですしね。若干前置きが長くなりましたが感想です。

感想

ランク戦ROUND5が本格的に始まりましたね!香取さんがいきなり遊真に攻撃をしかけにいきました。香取さんはパラメーターを見る限り、A級クラスの大エースというわけではなさそうなので遊真の敵ではないと思っていましたがやっぱり敵じゃなさそうですね。遊真と攻撃手の間合いで一応渡り合えているので大したものだと思います。

照屋が遊真と香取さんを確認して「仕掛けますか?」と言っていますが意外に好戦的な性格をしているのでしょうか…?お嬢様校ですしおとなしめの性格かなと思っていましたが。

出水は香取ちゃん呼びなんですね。千佳のことも雨取ちゃん呼びでしたし、年下の女の子のことは苗字にちゃん付けで呼んでいるんですかね。太刀川さんも唯我も苗字呼びしている国近のことを名前呼びしているのはなぜなんでしょうね。今関係なかったですね話を戻します。

香取さんに修のアステロイドを「ヒョロヒョロ弾」と言われてわたしまでちょっと傷つきました。これでも大きくなった方…!

ほかの射手に比べればずいぶん小さいですが、それでも当たればダメージを与えることはできるので香取さんとしてはシールドはったりしてよけないといけないんですよね。

染井さんは葉子呼びなんですね。予想はついていました。染井さんや香取さんが若村や三浦のことを何と呼ぶのかが気になります。

そして!!!修のスパイダーが香取さんに炸裂しましたね!!炸裂というほどではないですかね…!香取さんズザザザーッといきましたね。ズザザザーッと。そしてそこにすかさず千佳の鉛弾!!香取さんをかばった三浦の腕に鉛弾つきましたね。シールドでガードしていたのでおそらくイーグレットならば防がれていたでしょうね。

今回のランク戦は、玉狛第2が新しい武器を使った初めての戦いなので、今後玉狛と当たる他の部隊に何度もログで見返されることになるでしょう。香取さんのこけたシーンが。香取さん…恥ずかしいですね…

香取さんをかばう三浦めちゃくちゃかっこいいですね!!びっくりしました。別にバカにしていたわけではありませんでしたがここまでかっこいいとは思いませんでした。

「鉛弾!?」のコマの時枝珍しくちょっと表情が動いていますね。まあ…修の新しい武器に関しては木虎が教えた場にいたわけなので知っていましたが、千佳の新しい武器のことは知りませんでしたしね。3人ともいいリアクションです。

そして遊真。修が一生懸命こそこそ張ったスパイダーを有効活用しましたね!出水も言っていますがスパイダーは敵への嫌がらせ兼遊真の足場ですね。グラスホッパーも持っていますしスパイダーもあるとなると遊真の機動力やばいですよね。

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社

↑相棒って感じがしてすごくいいです。

三浦の腕を容赦なく斬りおとす香取さんw潔いですねw三浦は銃型トリガーは持っていないので腕を斬ったところでトリガーが出せなくなるわけじゃありませんしね。

ところでなんか若村の後ろ姿が若干犬飼くんと似ていますね。そういえば若村の銃はやっぱり犬飼くんの銃と同じ型でした。今後同じ型の銃を使っている人は師弟の可能性があると思いながら見ていこうと思います。

今週は柿崎さんが「さあ 行くぞ」と言ったところで終わりでした。玉狛と香取隊が戦っている間に合流を済ませたみたいですね。

修は前回のランク戦では自分も点を取らなければと焦っていて結果何もできず真っ先に落とされましたが、いろんな人にいろんなことを言われるなかで自分の役割に気付いた感じですかね。今回は遊真のサポートと敵への嫌がらせに徹していてすごくよかったと思います。

修が今週は全然汗をかいていなかったので修に見えませんでした。ただのイケメン。

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社


汗をかいているのは↑のコマだけでした。

にしても結構な数のスパイダーですね。張るの早いですね。練習したんでしょうね。修のスパイダーも千佳の鉛弾ライトニングも完全なる新技だったので、1人くらいは落とせるかと思いましたが1人も落とせませんでしたね。2期連続上位はだてじゃないということですかね。

香取隊は、香取が単独で格上の遊真に挑むのは愚策だったと思いますが、染井さんがすぐ若村と三浦を援護に向かわせたのは的確な判断だと思いました。そして結局、三浦の腕は(香取さんに)落とされましたし若村も若干ダメージを負いましたがエースの香取さんは無傷で守り切っているので、さすが2期連続上位部隊だなと思いました。

次週

来週はいよいよ合流を済ませた柿崎隊が動きそうですね!今までのランク戦では、地形戦を仕掛けた方が常に動き出しがはやく先手をとっているような感じでしたが、今回の柿崎隊はそうでもなかったですね。合流してからが本番ということでしょうか。この戦いの裏でひそかに16巻表紙争奪戦が行われているのでぜひとも柿崎隊長には見せ場があってほしいです。どっちになるでしょうね楽しみですね。

玉狛第2としては上を目指すために1点でも多くほしいので、手傷を負わせた香取隊を引き続き狙う感じですかね?ヒュースも見ているのでここは快勝しておきたいところですね。来週も楽しみです!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA