ワールドトリガー72話「進化する三雲隊」感想

 

スポンサーリンク

アニメ、来週で最終回のようですね!今週は119話から121話の途中まで進みました。では感想です。
※一部コミックスネタバレを含みますのでアニメ派の方はご注意ください。

感想

前回のあらすじで「修は迅に示唆された適任者がヒュースであることを知り」と言っていますが、まだこの段階でははっきり分かったわけではありませんよね…wwヒュース「かもしれない」だけですよねww

まあそれはいいとして。ヒカリ可愛かったですね!!結構好きです。原作でヒカリ、ねこさんに何してるんだろ?頬ずり?頬ずりにしては擬音が激しめ…と思っていましたがやっぱり頬ずりだったんですね。頬ずりされてる時、微動だにしないねこさんに笑いましたw

「アタシがいなきゃなんにもできねーなー」って言っているときのヒカリ、嬉しそう!可愛かったですw

そして千佳に(鉛弾のことで)思い出されてくしゃみをする三輪wwwおとなしめのくしゃみwwまさかこんなアニオリが入ってくるとは思いませんでした。ナイスでした。

ユズルがボーダーの狙撃手用トリガーについて長々と解説してくれましたね。すごく分かりやすかったです!わたしは本誌派なので既に知っていましたが、アニメ派の方も理解しやすかったのではないでしょうか。ユズル、先生になれそう。

あと、説明するためにマッキーつけてるエネドラッド可愛いwww誰につけてもらったんでしょう?エネドラッド、めんどくさがりながらの説明なのにすごく分かりやすかったうえ、向かい合って座っている修に見やすいように反対向きに絵を描いてあげてました。優しい…!けどなんか一瞬落書きがうつりましたよね。誰?ハイレイン…?www

ていうかエネドラッド、映画好きすぎですね本当にwwもしかしてアフトクラトルには映画はないのでしょうか?戦争ばかりだと娯楽が発展する余裕もないでしょうから、玄界に来て初めて映画を観たという可能性もありますね。

陽太郎とヒュースの会話和みました。年齢も生まれも育ちも違うのに仲良くなれるって素敵なことですね。

「オレも楽しいけど…」って頬を染めるユズルも可愛い。

一方会議してた人たち。見事に無視される個人総合1位wwwあと東さんに対して話す三輪の声ww全然違いますねww東さんが三輪を焼肉に誘ったときの沢村さんの「あっいいなー!」がカットされていました…残念。太刀川さんの「俺は無視されたんだが?」は太刀川さんの顔アップで見たかったですw原作ではきらーん出してますし。

柿崎さんにお礼を言うときの遊真の顔が可愛かったです。加古さんっていつも思いますが20歳の声じゃない…w

「うちの部隊に入らない?」で終わるんですね!!そこできっちゃうと万に一つでも入る可能性があるかのように思えてしまいます…

100倍講座のヒュース。めっちゃ食べてるwwwコラボパッケージのぼんち揚げがうつっていましたねw

今日作画よかったですね!!みんなかっこよかったし可愛かったです。もう終わりだからなのかなと思うと寂しいですね…

次週

次週はいよいよ最終回73話「未来へ」です!これまでずっと原作通りの順番で進んできていたのに、今週出るはずだったガロプラの遠征艇内での作戦会議をすっ飛ばしていたので、ガロプラは出ないのかと思っていましたが、次回予告を見る限り出るっぽいですね。どういう終わり方するんでしょうか。

香取隊が防衛任務で倒したモールモッドの中からドグが出てくるところが次回予告にあったので、123話には入るみたいですね。124話まで入るのかは微妙ですが…これから侵攻が始まるというところなので、全然最終回感がないですね。原作ストックが尽きたので仕方がないとはいえ、終わってしまうのはすごく悲しいです。毎週日曜日朝6時半に起きることももうなくなってしまうんですね…。

アニメの感想記事は来週で最後となりますが、このブログではアニメ終了以降も引き続きワールドトリガーに関する記事を書いていこうと思っております!!既存のファンの方はもちろんのこと、ワールドトリガー関連以外の記事目当てでこのブログを訪れてくださった方に「ワールドトリガー?面白いのかな、読んでみようかな」と思っていただけるように(そしてどっぷりワートリにハマっていただけるように)頑張りますので今後ともよろしくお願いいたします!まあワートリ以外の記事はまだそんなにないんですけどね…頑張ります…本当に…。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA