ワールドトリガー133話「ガロプラ⑫」感想【ネタバレあり】

 

スポンサーリンク

今週で10週連続掲載です。ありがたいですねほんと。ただ、掲載順が(食戟のソーマのオールカラーのを除くと)後ろから3番目だったんですよね。体調の問題か人気の問題か分かりませんが…こんなに面白いのに打ち切りにならないようにアンケート毎週出し続けようと思います。

関係ないんですけど「たいちょう」で変換すると一番上に出てくるのが「隊長」のわたしのパソコンw

では早速感想いきたいと思います。




感想



今週は遠征艇前の攻防でしたね。今週も面白かったですね!!先週の予想(ラタリコフの画像の下あたり)がちょっと当たっていた?んですかねこれ。よくわからないですねw

太刀川さんが「こっちには予知がついてるからな」と言いましたが…どういう意味でしょう?予知がついてるも何も、迅さんからは「太刀川さんがぶった斬られる未来が視えた」としか言われていませんよね。(それを言った相手は小南なんで、太刀川さんは「迅の予知だとあんた真っ二つにされるらしいわよ」と小南から聞きましたね)。それなのに「適当でいいんだよ こっちには予知がついてるからな」…?

もし迅さんが視た複数の未来で、太刀川さんがぶった斬られる未来以外にも、大砲でやられる未来が視えていたとしたら、「太刀川さんがベイルアウトする未来が視えた」とかって言い方をするはずだから、「ぶった斬られる未来が視えた」と言ったということは大砲ではやられないはず、ということでしょうか?太刀川さん…そこまで考えるかな?(失礼)

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社


ガトリンの攻撃を一人でしのぐ太刀川さんかっこいいですね…!!!
それにしてもガトリンは本当に強いですね。ボーダーの上位攻撃手複数人を相手にしながら、ワープトリガーの位置まで把握するなんて…!

一方の風間さん対ラタリコフ。風間さんがラタを圧倒し始めますね。さすが風間さんです。そして!!風間さん!左腕をおとりにラタリコフの両足を切断!!B級ランク戦ROUND3の鈴鳴第一・那須隊戦で遊真が使った手ですが、風間さんはあの試合、見てた描写はありませんでしたけど、やっぱり見てたんですね。菊地原も見てましたもんね。遊真は、攻撃手3位の小南に7-3、4位の村上に6-4ですから、現時点で攻撃手5位~6位の実力はあるわけですけど、風間さんからしたらまだ格下なんですよね。それでも、自分が使ったことのない、自分にはなかった発想をしている人がいれば、それが格下であろうと関係なく、それを実戦に取り入れるんですね。こういう、技術や発想を貪欲に吸収しようとする姿勢があるからこそ、風間さんは攻撃手2位までのぼりつめることができたんでしょうね。

修の『スパイダー』も、今後真似する人が現れるかもしれませんね。A級隊員は小細工しなくても渡り合える力があるので真似しないでしょうけど、修のようにトリオン量が少なくて苦労しているB級には新しい活路が開けたように見えるかもしれません。まあ、修にとってスパイダーがすごくいいトリガーなのは、今期の遠征部隊に選ばれるために少しでも早く上位に上がりたいこと、遊真という攻撃手上位に食い込める実力のある駒がチームにいること、の2点があるからであって、実力がつくわけではないので、真似してもあんまり…意味ないですね。



話がそれました。「村上を援護しろ!」と太刀川さんに言われて村上のところに向かう小南ですが、途中で方向転換して、太刀川さんごとガトリンを斬りますね!小南かっこいい!!

この、互いの戦術が交錯する感じ、すごくいいですね!ガトリンは、太刀川さんで大砲の射線が鋼さんのところからは見えないのを利用して大砲を打とうとしましたね。仮に鋼さんが大砲の射線を切っても、太刀川さんは確実にベイルアウトするので、ボーダー側の形勢が不利に傾きますもんね。

ボーダー側としては、太刀川さんがガトリンのトリガーのアームを防ぎ、ノーガードになった胴体を太刀川でできた死角から小南が斬りこめば倒せる算段だったんでしょう。

結果、ボーダー側の作戦が功を奏し、ガトリン真っ二つですね。ラタに関しても、両足に加えて左腕も斬られたので、もう戦線離脱でしょうか?

まあガトリンなら、換装が解ける前に大砲打つ可能性なくはないですよね…見たところ大砲はほぼ欠損していませんし、アフトの命令で来てるわけですから、このまま何もできず帰るわけにはいかないでしょうし。

そして!!最後の2ページ!!レギーとヒュースがついに接触しましたね!!レギー、125話でラタとガトリンがアフトの捕虜と遭遇した場合について確認した際に反応しているので、ヒュースのこと知ってるのかな?と思っていましたが、今回の反応を見るとお互い面識はなかったみたいですね。ヒュースのことを知っていながら「アフト……クラトル……!!」とは言わないですしね。

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社






まとめ



市街地に向かったレギーとヒュースか陽太郎が接触することは予想していましたが、どちらが先にレギーと接触するのかは予想がつきませんでした。普通に考えて、先に玉狛支部を出たヒュースのほうが接触するに決まってましたね。それにしてもレギー、ほんと犬の散歩www

(c)葦原大介/集英社

(c)葦原大介/集英社


これからどうなるのか、楽しみですね!!今週掲載されていたので、予告通り、15巻の表紙予想をしようと思います!





次週



次週も休載のお知らせは出ていないので、掲載予定ですね。次週掲載されたら、11週連続…!?いやそれよりも、金曜日に14巻とBBFが発売されて、日曜日にアニトリ放送、月曜日には本誌発売!?供給過多ですね…どうしよう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA