ワールドトリガー123話 感想

 

スポンサーリンク

ワールドトリガー123話感想です。

嵐山隊作戦室を後にする修を見送る木虎と時枝先輩を見て思ったのですが、木虎って身長何cmだったっけ??167cmの時枝先輩とあんまり変わらないように見えますね。
無償のやさしさはいずれ重荷に変わるからってあえて辛口の木虎は優しいですね。

そして遊真と加古さん。イニシャル“K”で隊員を揃えてるということでwwまあエンブレムにも入っているしなんとなく予想してましたよね。にしても加古さんの「今季“は”遠征を狙うつもり」発言ちょっと気になりますね。毎回狙っていたら「今季“こそ”」とか言うはず。今季に限って遠征を狙う理由が何かあるんでしょうか。さらわれたC級絡みでしょうか。「こうなったら実力で連れていくしかなさそうね」と言った加古さんに「ほう おもしろい」と言って応戦しようとする遊真可愛いwwそして、カゲwww連絡先交換していたカゲと遊真可愛い。待ち合わせしていたカゲと遊真可愛い。待ち合わせして何するつもりだったんだろう、個人ランク戦かな?遊真はどんどん遊び相手が増えていって楽しそうで見ていてなごみますね。

で、ファントムばばあwwwwwww加古隊にはトラッパーもいるし、もしかして加古さんはそういう戦い方をするシューターなのかな?加古とか加古さんって呼んだ方が数倍早いのに、ファントムばばあwwwwwTwitterのトレンド入りしてましたね。約5時間もwwカゲはワートリ史に新たな歴史を刻みましたねwww

一方修の方は太刀川隊作戦室に着いたようで。ちゃっかり唯我も。そして!次のランク戦の解説の1人が出水だということがわかりましたね!!今までの解説は、修と佐鳥、東さんと緑川、太刀川さんと迅さん、加古さんと風間さん、と結構年長者が多かったので出水がどんな解説をするか楽しみですね。もう1人の解説とオペレーターが誰になるかも気になるところです。

しかし、出水が解説をするということは、対ガロプラ作戦に出水は参加していないのでしょうか?それとも「ちょっと腹が痛くなって・・・」と退席するんですかね?それは考えにくいので出水は今回の任務には参加していないと考えるのが妥当でしょうね。参加していない理由については情報が少なすぎて一切分からないので今後の展開が楽しみですね。

そして香取隊。香取隊長可愛いですね。香取隊は珍しく全隊員が若いですね。
香取が倒したモールモッドの中から出てきたのがドグですね。名前から分かるように完全にフォルムが犬ですねww荒船さんこれはやばいんじゃないですかww

場所が変わって、本部のどこかの部屋?でババ抜き?トランプをする迅太刀川小南と、立って何かを見ている?忍田さんと天羽。
太刀川と小南が同じコマにおさまったのは初めてですね。すごく新鮮。そんな中迅さんが太刀川さんの未来を見て小南に「太刀川さんに着いていけ」と言いましたね。太刀川さんがぶった斬られる未来なんてなかなか想像できないですね。集団戦がワールドトリガーの面白さで、個としての勝敗にはみんなあまりこだわっていないとはいえ、個人総合1位の太刀川さんが斬られるというのは見たくないですね。太刀川さんにはニヤニヤ不敵の笑みを浮かべていてほしいです。でもまあ太刀川さんと小南の共闘?楽しみですね。

今回は極秘作戦なので誰が作戦を知らされていて誰が知らされていないのかもはっきり分かっていませんが、先々週株爆上げで13巻の表紙にもなっている二宮さんの活躍が見たいですねー。葦原先生がランク戦とガロプラ戦の同時進行をどう描ききるのかも非常に楽しみです。ですが来週は休載なんですよね。残念です。

13巻好評発売中ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

CAPTCHA